ウィスタリア歯科HOHE > 治療について > 歯周病を治す

歯周病を治す

歯周病(歯槽膿漏、歯肉炎)は治りにくく、再発が多いといわれていますが、歯周内科治療なら、比較的短い期間で効果的に歯周病を治療することができます。位相差顕微鏡という機器で、治療の進み具合をしっかり確かめられるのも、歯周内科治療の特徴です。

 

より徹底した効果が期待できる

歯周内科治療のメリット

お薬の力で歯周病菌を元から断つことができます。また、治療の効果は、位相差顕微鏡でお口の中の菌の状態を見たうえで、客観的に判断しますので、あいまいさがありません。

位相差顕微鏡

治療期間が短縮できる

歯周内科治療のメリット

これまでの歯磨き・歯石のクリーニング・患部の切除などの方法だけを用いた場合に比べ、かなりの治療期間の短縮が期待できます。

歯周内科治療のしくみ

歯周内科治療のしくみ
歯周内科治療のしくみ

歯周病菌は、お口の中で「カンジダ」と呼ばれるカビの一種とグループを作り、非常に感染力・粘着力が強い状態になっています。歯周内科治療では、カンジダには防カビ剤、歯周病菌には抗菌剤を用いて、それぞれの病原体を狙い撃ちにします。そして、有害菌が十分に退治されたところで、仕上げに歯石のクリーニングを行います。

歯周内科治療の特色

これまでの歯周病治療との違い

歯周病治療は、これまで歯磨き・歯石のクリーニング・感染した歯ぐきの切除(歯周外科治療)などによって、お口の中の歯周病菌を「取り除く」治療法が一般的でした。しかし、歯周病菌の除去が不徹底になる場合も多く、そのため歯周病は治りにくく、再発しやすい病気といわれてきました。

歯周内科治療の特色は、これまでの「取り除く」方法に加えて、お薬で歯周病菌そのものを「退治する」方法をも取り入れたところにあります。すみずみまで徹底した殺菌効果が期待できますので、菌の取り残しによるリスクがぐっと低くなりました。

歯周病治療の流れ

歯周内科治療の流れ
歯周内科治療の流れ

  1. 検査・説明
    位相差顕微鏡でお口の中の細菌の状態をチェックし、感染している病原菌がどのような症状を引き起こしているかをご説明します。治療前後の歯ぐきの変化を確認するための写真撮影も行います。
  2. 投薬・除菌
    抗菌剤の内服投与、ぺリオバスター(薬草から抽出した天然成分配合の防カビ剤)による歯磨きを行い、徹底的に病原菌を退治します。
  3. 治療効果の判定
    投薬開始から1週間〜10日後に位相差顕微鏡で除菌状態の確認を行い、再度写真を撮影します。
  4. クリーニング
    お口の中がきれいに除菌できたところで、再度歯ぐきの検査・歯石のクリーニングを行います。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡を使って、お口の中の菌の状態をしっかりチェックします。撮影した画像はパソコンに保存できますので、治療前・治療中の変化を並べてお見せすることができます。「どれだけ治ったかが一目でわかるので、治療のモチベーションが高く保てる」とおっしゃってくださる方もおります。

位相差顕微鏡で見た、治療前(左)と治療後(右)の口内細菌の状態。
位相差顕微鏡で見た、治療前(左)と治療後(右)の口内細菌の状態。

「歯周病を治す」参考文献

『歯周病は薬で治る!!―歯周内科学へのパラダイムシフト』 生田 図南 著 (天の草社 2006)

東京都練馬区田柄5−23−16 ヴィラウィスタリア1F|歯科・矯正歯科・小児歯科 医療法人社団 ウィスタリア歯科クリニック
TEL:03-3970-7300/初診予約専用ダイヤル:050-3542-5556
練馬区光が丘はじめ、氷川台、平和台、練馬春日町、練馬高野台、石神井公園、富士見台、また、板橋区、成増、下赤塚、東武練馬、和光市などからもご来院いただけます。一般の歯科治療はじめ、矯正歯科治療、歯周病治療、ホワイトニングも積極的に行っており、患者さんに安心して治療を受けていただけるよう心がけております。